青汁 便秘 男性

青汁は20代男性の便秘に効果的?

野菜

野菜の摂取が足りず便秘に悩まされる現代人

一般的な身長体重の成人が1日に摂取しなければならない野菜は350グラムと言われています。

 

現代人は年々多忙化しているので、連日350グラムの野菜を用意して摂取することは困難であるが故に最終的には便秘に悩まされます。

 

便秘というと1週間近く用を足すことができていない状態と言われる事が多いのですが、実は3日以上排出できていなければ便秘であると医療機関が正式に定義しています。

 

つまり、現代人は便秘に悩まされている患者はとても多いと言えるのです。

 

そこで、便秘を解消させるためには腸内に整腸作用がある善玉菌を増やしてあげる必要があります。

 

善玉菌は1日の摂取量の目安とされている350グラムの野菜を摂れば良いのですが、上述したように多忙な現代人には難しいです。

 

上手に利用したいの青汁

そのような場合に上手に利用したいのが青汁です。

 

数秒単位で飲みきる事ができるので、どれほど忙しい方でも毎日続けられますし、慢性的な野菜不足が解決できます。

 

このように青汁が便秘の根本的解決に功を奏するのは、大量に含まれている食物繊維が関係しています。

 

青汁はケールや大麦若葉、明日葉といった素材をすり潰して作られているのですが、これらの素材には他の食材では代用できない程の食物繊維が含まれているのです。

 

そのため、腸の内部に溜まり続けている不必要な老廃物を体外に効率的に追い出せるという仕組みです。

 

こうした仕組みの恩恵を受けるべきなのは、現代では男性と言っても過言ではありません。

 

その理由は、今日においては男性が便秘に悩んでいる割合が高まっている上に、ストレスが起因となり腸自体のぜん動運動が昔の人よりも弱まっている結果があるためです。

 

つまり、青汁を飲用する習慣さえつけてしまえば、悪循環を元から排除できるのです。